がん保険の保障内容

がん保険とは、がんと診断された場合に診断給付金を受け取ることができ、がん治療のための入院や手術、通院、あるいは死亡に対しても給付金や保険金が支払われる保険です。
がんは再発の恐れがあったり、何度も入院を繰り返したりするケースがあるため、医療保険のみでは難しい保障内容を備えたがん保険によって、これらを補い対処することができます。

たとえば、がん保険の入院給付金には、入院履歴に対して支払限度日数が設けられていないのが大きな特徴の一つで、繰り返し入退院するような場合でも、あるいは入院が長期間に渡る場合でも、入院日数ぶんだけ給付金を受け取ることができるようになっています。

がんで手術を受けた場合には、手術給付金が支払われます。
がんを原因として死亡した場合には、入院給付金日額のおよそ100倍に当たる死亡給付金が一般的に支払われます。
ただし、当初の診断給付金に関しては、1回のみの支払いとなっている保険会社と、複数回支払いが行われる保険会社とがあります。

入退院を伴わない通院に対して支払われる通院給付金、所定の日数以上がんによる入院をした後支払われる退院療養給付金についても、それぞれの保険会社によって保障内容は若干異なります。

PAGETOP