様々ながん保険の種類を知っておこう

様々ながん保険の種類を知っておこう

がんを発症した時に大いに役立つ保険ががん保険です。

実際にがんと診断されてから急いで加入するのではなく、がん治療のリスクや負担を最小限に留めるために、事前に正しくがん保険について知っておく必要があります。
がん保険についての知識を得て、健康なうちに加入しておくというのがベストでしょう。

がんと分かってから用意したのでは遅いのです。
今や日本人の死因第一位となっているがんと向き合うには、早い段階で最適ながん保険に加入しておくべきでしょう。

では、がん保険を選ぶ際、どういった点に留意して選択するのが良いのでしょうか。
一般的な医療保険とは違い、がん保険には様々な種類があります。
商品によって保障内容が異なり、保障が充実しているぶん保険料は割高となります。

商品の違いとしては、たとえば一時金として支払われる診断給付金には、支払いが1回限りのもの、がんが再発した場合でも一定期間を経ていれば何度でも支払いが行われるもの、診断確定のみで給付金が受け取れるものなど、いくつかのパターンがあります。

悪性新生物であるがんと、上皮内新生物である前がん状態とを区別しているがん保険もあり、上皮内新生物に関しては給付金が減額されたり支払われない場合があります。

最新記事

  • 2017年01月19日

    ホームページを更新しました。

PAGETOP